泰山堂

044-222-4484
【定休日】日曜日・祝日
TOP 会社概要 漢方相談 漢方薬 症状別 お問合せ アクセス
漢方だより
  • 子宝漢方相談
  • 漢方メール相談
  • 症状別/漢方だより
  •       
  • 泰山堂通信
  • 泰山堂ブログ
  • 漢方体験.com
  • アロマコーナー
  •       
  • ツイッター

アクセス

お店は川崎駅から歩いて1分

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区
駅前本町12-1
タワーリバークビル1F
TEL : 044-222-4484
FAX : 044-222-4486

多汗


汗かき男性
発汗は体温調整のために必要なことですが、流れるように汗が出たり、暑くもないのに、大量の汗が出たりするのは、日常生活に支障をきたしますし、身体のバランスが崩れているサインであったりすることもあります。 急に汗の量が増えた場合などは、背景に病気が隠れている可能性も否定できませんので、病院で診てもらった方が良いこともあります。ここでお話するのは、そのような何らかの病気に伴う多汗ではなく、単独で汗だけが多い場合についてです。

漢方では、「多汗症にはこの漢方薬」という選び方はしません。多汗の原因、発汗の時間帯、身体のどこに汗が出るか、などから総合的に判断して漢方薬を選びます。

発汗の原因には、体表の「気」(衛気)の不足、精神的な緊張、熱(実熱と虚熱)、水分代謝の悪化、ホルモンバランスの乱れなどがあります。

また、全身にかく汗の他、頭部、腋下、手足など局所的にかく汗もあります。ストレスや緊張による汗は、腋下や手足など局所に出やすく、「気」の不足や水分代謝の悪化による汗は全身に出やすいという傾向があります。

さらに、漢方では、昼間にかく汗を自汗、夜間にかく汗を盗汗と呼び、区別しています。盗汗の場合は、夜中になるとびっしょり汗をかくのに、朝になると出なくなります。これは「陰虚」体質で、このような熱は虚熱と言われ、単純に熱を冷ますのではなく、「陰」を補うことで、身体のバランスを正常にもどしていきます。

具体的には、以下のような漢方薬を原因別、体質別に使いますが、あくまでも一般論ですので、実際には、汗の状態を総合的にみて、判断していきます。


●麦味参顆粒

麦味参顆粒
汗腺を閉じておくエネルギーが不足しているので汗がもれでてしまうタイプや、夜だけ汗が多い盗汗タイプに使います。人参、麦門冬、五味子の三つの生薬からなり、人参で体の元気をつけ、麦門冬で失った水分を補い、五味子の収斂作用で汗の出を調節してくれます。非常にシンプルな処方で穏やかに作用しますので、特に多汗症でなくても、スポーツや外回りの仕事などで、汗をかきやすい方にも、おすすめしています。漢方では、「気随津脱」といって、汗といっしょに元気も出ていくという考え方があります。大量の汗をかいたときは、水分だけでなく気も補う必要があり、麦味参顆粒はそういう目的でも効果的です。


●衛益顆粒

衛益顆粒
体表の汗の量を調節する機能が低下していることが原因で汗が多い場合に使います。体表のバリア機能である「衛気」が不足しているタイプで、風邪をひきやすい、粘膜が弱いなどの傾向があります。「気」を補うことで体表部分を強くし、止汗作用のある黄耆、胃腸を整えることで「気」を補い、水の巡りを改善して汗を調整する白朮などが含まれます。


●柴胡加竜骨牡蠣湯

柴胡加竜骨牡蠣湯
緊張すると汗が大量に出る場合に使います。神経を安定させることで、汗のコントロール機能を回復させます。精神安定・筋肉の痙攣を緩解し止汗作用のある竜骨、牡蛎の他、自律神経を調整し、鎮静効果のある柴胡・黄芩、鎮静しながら余計な水分を利尿により除く茯苓などが含まれます。




●防己黄耆湯

防己黄耆湯
水太り系のぽっちゃり体型の方やむくみやすい方に、使います。このようなタイプの人は、体内に余剰な水分をためやすい体質なので、「気」を補いながら水の巡りを改善する黄耆、白朮が主薬です。水分をためやすくなる背景には、胃腸機能の低下があるため、生姜、大棗、甘草など胃腸の機能を高める生薬を加えることにより、水の停滞が起こらないようにします。






●瀉火利湿顆粒

瀉火利湿顆粒
どちらかというと暑がり、赤ら顔、イライラしやすい、舌に黄色っぽい苔がねっとりついている、お酒をよく飲む、尿の色が濃い、皮膚にジュクジュクした炎症や痒みがある・・・など、中医学的には「湿熱」タイプの多汗に効果があります。肝胆の経絡の熱をとる黄連解毒湯に、熱を取り除いて水の巡りを改善する竜胆、沢瀉、木通、車前子などがプラスされています。




●瀉火補腎丸

瀉火補腎
瀉火利湿顆粒が実熱タイプの人向けだとすると、こちらは虚熱タイプの多汗に使います。身体を潤したり、冷ましたりする「陰」が不足しているために、体内に熱がこもっているタイプで、汗は夜間だけ出ます。「陰」を補うことで、身体のバランスを正常に戻し、発汗を改善します。






●加味逍遙散

加味逍遙散
ホルモンバラスの乱れから汗の調節がうまくいかなくなっている場合に効果的です。特に生理前に汗が酷くなる方で、生理前にイライラや胸の張りが強く感じられる方に使います。



以上代表的なものをご紹介しましたが、いつくかの原因が複合している場合は、これらの漢方薬を合わせて使うと効果的です。




Copyright© 2014 TAIZANDO All Rights Reserved.