泰山堂

044-222-4484
【定休日】日曜日・祝日
TOP 会社概要 漢方相談 漢方薬 漢方だより お問合せ アクセス
漢方だより
  • 子宝漢方相談
  • 漢方メール相談
  • アロマコーナー
  • よろず漢方/漢方だより
  •       
  • 泰山堂通信
  • 泰山堂ブログ
  • 漢方体験.com

アクセス

お店は川崎駅から歩いて1分

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区
駅前本町12-1
タワーリバークビル1F
TEL : 044-222-4484
FAX : 044-222-4486

耳鳴り



耳鳴りは、いろんな音が耳の中で聞こえるものを指し、本人にしか分からない、つらい不調の一つです。 漢方・中医学では、いろんな病気を、『五臓』(身体機能を心・脾・肺・腎・肝の5種類の臓に象徴して分類し理解します)の好・不調と、『気』・『血』・『水』(体内を流れるものを3種類の物質に象徴して分類し理解します)の流れが順暢かどうかで理解しています。耳鳴りはこれらのうち、『肺』・『肝』・『脾』・『腎』の不調を中心にとらえています。

ですから、『耳鳴りなら○□△丸』と言って、病名で単純に漢方薬を選ぶという訳ではありません。それぞれのタイプによって使い分けます。具体的に申しますと:



1.熱の侵入による場合

口・鼻から、カゼ、特に発熱を伴うカゼが『肺』に侵入して、耳の症状が出ます。できるだけ慢性化しないように、初期にしっかりカゼ治療を行うことが必要です。 これらには、天津感冒片、荊芥連翹湯、防風通聖散などを検討します。



2.うつ、怒り、ストレスなどの感情的刺激による場合

うつ、怒り、ストレスなどの感情的刺激によって、普段はこれらをコントロールできている『肝』が不調となると、頭痛や耳鳴りなどが現れます。 これらには、瀉火利湿顆粒、加味逍遥散、またはこれらの併用などを検討します。



3.『脾』の不調による熱の上昇による場合

『脾』(消化・吸収系の総称)の不調によって体内に『痰湿』(有効利用できない水分)が停滞し、場合により熱を生じ、身体の上部に上昇すると、耳の症状が出ます。熱を生じた場合は、重症化し、難治となります。星火温胆湯、半夏白朮天麻湯などを検討します。



4.加齢による『腎』の不調による場合

加齢による慢性的な耳鳴りで、夜間に特に症状が強く、難治です。不眠やほてりも見られる場合があります。 耳鳴(ジメイ)丸、『腎』を補う六味地黄丸などを検討します。不安症状が強い場合は、柴胡加竜骨牡蛎湯などの併用も検討します。



5.『脾』の虚弱による栄養不足の場合

疲労すると耳鳴りの音が強くなる、立ちくらみ、倦怠感などがあるものです。 補中益気湯などを検討します。



その他、脳血管疾患の後遺症や外傷などにより生じた耳鳴りは、血流を良くする必要があります。これには、還元顆粒などを検討します。 耳鳴りは、本人にしか分からない不調であり、一般に長期的な治療が必要のため、不安や不眠も見られることがあります。早めに漢方・中医学の専門家に相談しましょう。

尿路結石などで排尿痛が強い場合は、猪苓湯に芍薬甘草湯を加えることもあります。



一方、慢性化している場合には、竜胆瀉肝湯、清心蓮子飲などを、体質に合わせて選びます。

大ざっばに言うと、体力があって比較的元気な方には竜胆瀉肝湯、虚弱なタイプには清心蓮子飲、その中間は五淋散です。

また、尿トラブルといっても、雑菌がなくて、加齢や冷えにより、夜間だけ頻尿がある場合は、牛車腎気丸や八味地黄丸をおすすめします。

こういうタイプの方に、猪苓湯などを使うとかえって逆効果になることもありますので、 是非、漢方の専門家に確認してお使いください。

Copyright© 2014 TAIZANDO All Rights Reserved.