泰山堂

044-222-4484
【定休日】日曜日・祝日
TOP 会社概要 漢方相談 漢方薬 漢方だより お問合せ アクセス
漢方だより
  • 子宝漢方相談
  • 漢方メール相談
  • アロマコーナー
  • よろず漢方/漢方だより
  •       
  • 泰山堂通信
  • 泰山堂ブログ
  • 漢方体験.com

アクセス

お店は川崎駅から歩いて1分

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区
駅前本町12-1
タワーリバークビル1F
TEL : 044-222-4484
FAX : 044-222-4486

乾癬


乾癬に対して、漢方では、乾癬を引起している体内毒素を便や尿という形で体外に排出することで、皮膚の炎症を引かせます。

これは理にかなっています。

なぜなら、体内に蓄積した毒素を皮膚から体外に排出しようとする生体の働きが、まさに皮膚の炎症となって現れていると考えられるからです。

皮膚が内臓状態を映す鏡であるというのは、まさにこのこと。毒素の排出という生体の反応を抑えるのではなく、むしろ、毒素を減らし(排出し)生体の反応をサポートするように働く点に、漢方の特徴があると言えます。

さて、せっかく体外に毒素を排出しても、体内への毒素侵入がストップしなければ、元の木阿弥。毒素が再び蓄積され、乾癬の再発という事態になります。そこで登場するのが食養生です。

尋常性乾癬で相談に見えるお客様には、肉食や脂っこい物の多い方、飲酒の量が多いという方が多い傾向があるようです。

つまり、野菜不足に加えて、脂っこい物の食べ過ぎやお酒の飲み過ぎなど、長年の食習慣の結果、いわゆる毒素が体内に蓄積され、それが身体からの悲鳴として、乾癬という形で現れると考えられます。

和食 尋常性乾癬に限りませんが、私どもでは漢方に加え、食養生をお勧めしています。

その基本は、和食ベースの食事です。間食をやめ、お酒を控えめにし、野菜:穀類:タンパク質(肉・魚類)の比率が4:4:2程度になるよう、日々の食事を規則正しく取られることをお勧めしています。 



Copyright© 2014 TAIZANDO All Rights Reserved.