泰山堂

044-222-4484
【定休日】日曜日・祝日
TOP 会社概要 漢方相談 漢方薬 漢方だより お問合せ アクセス
漢方だより
  • 子宝漢方相談
  • 漢方メール相談
  • アロマコーナー
  • よろず漢方/漢方だより
  •       
  • 泰山堂通信
  • 泰山堂ブログ
  • 漢方体験.com

アクセス

お店は川崎駅から歩いて1分

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区
駅前本町12-1
タワーリバークビル1F
TEL : 044-222-4484
FAX : 044-222-4486

現代生殖医療と漢方



現代では、医療技術の進歩に伴い生殖医療も大きく発展をし、不妊治療も段階的に様々な治療が行われています。昔では子供を授かるのをあきらめていたようなケースでも、子供を授かる喜びを感じる事が出来るようになったことは、本当に素晴らしい人類の進歩と言えます。

一方、現代の生殖医療では、繰り返される人工的な受精治療、治療の副作用、検査データばかりが重要視されささいな不調が軽視されたり、精神面でのサポートが不十分であったり、心身ともにダメージを受けてしまう場合も多く聞かれています。

大切なのはバランス
ささいな体の不調、心の状態や気になることなど、お客様一人一人にお話をお伺いしながら、ご相談させて頂きます。崩れた体と心のバランスを整えて、からだ全体を整えていきます。食養生や生活習慣の養生についてもアドバイスさせて頂きます。

そしてなんといっても、漢方薬は、何千年という長い月日を超えて使われてきたものが現在に残されています。これから子供を考えておられるご夫婦、妊娠中の女性にも安心して服用して頂けるのも嬉しい点です。

現代生殖医療と併せて

漢方薬は、クリニックや病院で不妊治療を受けられている方にも、不妊治療と併用して頂くことが可能です。漢方薬で妊娠しやすい体作りをして、不妊治療に望まれている方はとても多く見られます。

漢方薬を服用することで、卵子や精子の質を高めておくと、人工授精でより良い結果につながりますし、子宮内の冷えや血の滞りを改善して整えておくと、受精卵も居心地がよくなり着床し成長しやすい環境につながります。



現代生殖医療の副作用対策にも

漢方薬は、現代生殖医療で多様される排卵誘発剤や女性ホルモン剤といった薬で副作用が出るのを防いだり、副作用を軽減することも可能です。

例えば、不妊治療で良く使われているクロミッドなどの排卵誘発剤は、排卵を誘発する効果は高いですが、 使用が度重なると子宮内膜が薄くなる、排卵前後のおりものが少なるなどのことが知られています。

子宮内膜は温かいフワフワのベッドのような厚く柔らかい状態が受精卵の着床には理想的です。 薄く硬い子宮内膜ではせっかく受精卵が着床しづらくなってしまいますし、月経の際にも古い内膜が剥がれ落ちにくくなってしまいます。

排卵前後のおりものは精子が子宮内に達するのを助けたり受精するためにも大切な働きを果たしています。クロミッドなどの排卵誘発剤を使われる場合は、「滋陰養血」作用の豊富な「婦宝当帰膠」「杞菊地黄丸」など漢方薬を併用して妊娠率を高めておくのがお勧めです。

女性ホルモン剤は、排卵障害がある方に直接卵巣を刺激したり、黄体機能不全や、卵巣を休ませるカウフマン療法などで多く使われています。排卵障害でホルモン剤を使うと、排卵を誘発する効果は高いですが、度重なる使用では、卵巣が腫れる卵巣過剰刺激症候群(OHSS)や、血栓が出来やすくなるというような副作用も報告されています。

また、ホルモン剤の使用が長引くと、生理期になっても体温が下がりにくくなり、子宮内膜がでこぼことして受精卵が着床しづらくなると言われています。

このような場合も、漢方の併用が効果的です。子宮内膜を着床しやすいように柔らかく厚く保ち、血の巡りを改善する「養血活血」作用の「婦宝当帰膠」、「芎帰調血飲第一加減」などの漢方薬を服用すると子宮内膜の状態も改善していきます。



まだまだ発展途中の現代の生殖医療と、昔から伝わる漢方薬、双方の良いところを上手に取り入れながら、体と心の負担が少なく、ご夫婦が笑顔で新しい命を授かるお手伝いがさせていただけたら幸いです。

Copyright© 2014 TAIZANDO All Rights Reserved.