泰山堂

044-222-4484
【定休日】日曜日・祝日
TOP 会社概要 漢方相談 漢方薬 漢方だより お問合せ アクセス
漢方だより
  • 子宝漢方相談
  • 漢方メール相談
  • アロマコーナー
  • よろず漢方/漢方だより
  •       
  • 泰山堂通信
  • 泰山堂ブログ
  • 漢方体験.com

アクセス

お店は川崎駅から歩いて1分

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区
駅前本町12-1
タワーリバークビル1F
TEL : 044-222-4484
FAX : 044-222-4486

基礎体温


基礎体温は十分な睡眠(6時間以上)の後に、横になった安静のままの状態で測った体温を指します。女性の場合は生理周期に応じたホルモンの変化によって、基礎体温が変動していきます。毎日の基礎体温を記録してグラフにすると基礎体温表が出来ますが、その基礎体温表からさまざまな情報が読み取れます。生理周期を把握したり、不妊治療にとっても大きな参考になります。

ただ、基礎体温は絶対的なものではありません。あまり数値の結果に、気をもみすぎないことも大切です。

理想的な基礎体温

個人差があるものの、28日前後の周期で循環していくのが一般的です。



生理開始日を1日目として、生理期間を月経期(5~7日)、その後、排卵を境に前半の低温期(7~10日))と、後半の高温期(12~14日)に分けられます。

低温期から高温期への移行はスムーズに移行し(3日以内)、温度の差が0.3~0.5°ある「二層性」であることが望ましいです。

高温期が16日を超えた場合は、妊娠の可能性があります。



排卵の有無、時期がわかるので、タイミング療法の大切な指針でもあります。排卵日前後3日間は受精の確率が最も高い時と言われています。数周期、継続して、基礎体温をつけることで 排卵の時期を推定することができます。排卵の前後には、粘りの強い透明なおりものも増えてきます。

また、卵子の成熟の具合や、黄体機能の状態も推測することができます。



低温期は卵胞ホルモン(エストロゲン)が主導になり、卵子の成熟を促したり、受精卵が着床しやすいよう質の良い子宮内膜が作られていきます。 高温期には、黄体ホルモン(プロゲステロン)が主導になり、体温を上げ、子宮内膜を柔らかくさせるように働きます。 中医学では、卵胞ホルモンを「陰」、黄体ホルモンを「陽」と考えます。  低温期は陰が長じて、陰がピークになると排卵して陽に転化し、高温期になります。 高温期は陽が長じて、陽がピークになると陰に転化して生理になります。 このようにして生理周期は陰陽のリズムにより説明することができます。

近年の中国では、伝統的な中国医学の治療法に、現代の西洋医学の考え方を結合した「中西医結合」という、より治療効果を高める方法が一般的に行われています。

当店の子宝相談では、この中西医結合によって作られた素晴らしい「周期療法」という治療法も取り入れています。周期療法は、基礎体温表から生理周期を把握し、体の状態にあった漢方薬を使い分けて妊娠の確率を高めていきます。

女性の体は、月経周期によって女性ホルモンの分泌が異なり体調も変わりやすく、月経周期に合わせた漢方薬を使い分ける周期療法は理にかなっており、とても効果的です。



月経期:
気血の巡りを良くすることで、子宮内の古い血液や内膜をきれいに排出させます。また、生理痛などの生理時のトラブルを和らげます。 活血薬・理気薬などを併用します。

低温期:

卵子の発育を促します。また、受精卵が着床しやすいように子宮内膜を成長させ、受精卵が心地よく安定できる環境を整えます。妊娠のためには特にこの低温期に質の良い卵子と子宮内膜を作ることが大切です。 「陰」をしっかりと補う滋陰養血薬を中心に用います。

排卵期:

気血の巡りやホルモンバランスを整え、排卵をスムーズに促します。 活血薬や「陽」を補う補腎温陽薬を併用します。

高温期:

受精卵を子宮内に着床できるように促し、高温期を安定させていきます。 補陽薬や補気養血薬を併用します。


*低温期が長いタイプ
卵子の成熟が悪く排卵が遅れ、その結果黄体ホルモンの分泌も悪くなります。現代医学的には黄体機能不全、軽度の排卵障害などが考えられます。不妊でお悩みの方によく見られるタイプです。




このタイプは低温期に陰血が不足し陰が長じることができないために、排卵期にスムーズに転化できず、高温期に陽が不足して短くなります。 低温期にしっかりと陰血を補いながら、陽を補うことが大切です。 排卵期には、気血の巡りを改善して排卵を促します。

*高温期が不安定なタイプ
高温期の途中で体温が下がったり、生理が近づくと体温が下がるタイプで、現代医学的には、黄体機能不全が考えられます。 このタイプは、陽気の不足により高温を維持するのが難しいため、高温期にしっかり陽気を補うことが大切です。

*高温期への移行が緩やかなタイプ



こちらも不妊症の方に、比較的良く見られるタイプで、現代医学では、黄体機能不全、排卵障害、高プロラクチン血症などが考えられます。 このタイプは、排卵期に陽気不足や体温が上がらない、瘀血・痰湿などにより体温の上昇を妨げる事などが考えられます。また、プロラクチンが高いことが原因になる場合もあります。

陽気を補ったり、瘀血や痰湿を取り除いて気血水の巡りを良くして、排卵を促します。 プロラクチンが高い場合は、昔から断乳に用いられてきた「炒麦芽」という生薬を使い、プロラクチンの分泌を安定させます。

*基礎体温表がガタガタしているタイプ



ストレスが多く、自律神経が不安定な方によく見られます。現代医学では高プロラクチン血症、月経前緊張症候群(PMS)、自律神経失調症などが考えられます。

このタイプは、自律神経を主る「肝」の気の疏泄作用が乱れ、体温も不安定になっています。「肝気」を整える漢方薬を使い、ストレスを和らげることが大切です。プロラクチンが高い場合は、炒麦芽を使います。

*低温期が短い、あるいは高いタイプ



低温期が短いと排卵が早くなり、卵子がまだ未熟なうちに排卵されてしまいます。現代医学では、ホルモン分泌過多などが考えられます。 このタイプは、陰が不足して。相対的に陽気が過剰になっています。陰が不足して排卵期のおりものが少ない事も多く見られます。 低温期にしっかりと滋陰を行うことが大切になります。ほてりなど熱の症状が出ている場合は、過剰な熱の症状もとっていきます。

*高温期が無いタイプ(一相性)


無排卵や無月経の場合にみられます。現代医学では、卵巣機能不全、多嚢胞性卵巣、高プロラクチン血症などが考えられます。 月経周期を作るために、生殖機能を主る「腎」の補強を中心に、血を養い血行を良くするような漢方薬を使っていきます。





最初にも述べましたように、基礎体温表に一喜一憂するのもよくありませんが、基礎体温がご自身の体調や体質、妊娠の可能性など、様々な情報を提供してくれることは間違いありません。 妊娠を考えているかたもそうでないかたも、是非一度、記録をつけてみることをおすすめします。

また、「私の基礎体温は大丈夫?」と気になる方は、いつでもお気軽に基礎体温表をお持ちください。

Copyright© 2014 TAIZANDO All Rights Reserved.