泰山堂

044-222-4484
【定休日】日曜日・祝日
TOP 会社概要 漢方相談 漢方薬 漢方だより お問合せ アクセス
漢方だより
  • 子宝漢方相談
  • 漢方メール相談
  • アロマコーナー
  • よろず漢方/漢方だより
  •       
  • 泰山堂通信
  • 泰山堂ブログ
  • 漢方体験.com

アクセス

お店は川崎駅から歩いて1分

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区
駅前本町12-1
タワーリバークビル1F
TEL : 044-222-4484
FAX : 044-222-4486

秋の肺や大腸は潤いを求めています


秋の果物中医学では人の体は自然の一部として考えます。9月を過ぎると、人の体も秋に向かっていきます。

自然界を5つに分けて考えた五行論では、秋に相当する五臓は肺です。肺は、気管支・気管などで外界に通じているので、邪気を感受し易いデリケートな臓器です。このため、肺は、別名嬌臓(嬌:ひ弱と言う意味)とも呼ばれます。肺は乾燥に弱いため、秋は咳や喘息が発症しやすくなります。

空気が乾燥すると肺の潤いが不足するため、秋の咳は痰が少なく、粘っこい塊のような痰が出たり、場合によっては強く咳をすることにより喉を傷め、痰に血が混じったりすることもあります。このような咳には、肺に潤いを与える力の強い漢方薬を使います。

さらに具体的に症状によって詳しく分けると、痰の色が黄色っぽくて咳が酷い場合は、麻黄(まおう)、石膏(せっこう)、杏仁(きょうにん)などの生薬を配合する漢方薬、たとえば麻杏止咳顆粒(まきょうしがいかりゅう)など、がおすすめです。

痰の色が白っぽくて、たくさん出るときは、半夏、陳皮、紫蘇を配合した平喘顆粒などが効果的です。

また、長期間にわたり慢性的に咳が出やすく、息切れがあったり、体力が落ちている場合などは、鹿茸、冬虫夏草、蛤など動物性の生薬を配合し、肺、脾、腎力をトータルに増強していく双料参茸丸がおすすめです。

さらに、肺は皮膚、大腸と関連していることからも、秋は乾燥肌や便秘も発症しやすい季節です。この場合も、大腸や皮膚に潤いを与える漢方薬を中心に選んでいきます。

また、季節に合わせた食養生も大切です。いくら漢方薬を服用しても、食生活が崩れていると、漢方の効果も半減です。

潤いを与える食材としては、ごぼう、れんこん、長芋、銀杏、百合根・・・などがあります。また、季節の果物である柿や梨なども潤いを与えます。但し、果物は体を冷やす傾向がりますので、食べ過ぎには気を付けましょう。お腹を冷やさない、梨の薬膳レシピをブログに掲載しましたので、是非ご覧ください。

Copyright© 2014 TAIZANDO All Rights Reserved.