泰山堂

044-222-4484
【定休日】日曜日・祝日
TOP 会社概要 漢方相談 漢方薬 症状別漢方 お問合せ アクセス
泰山堂通信
  • 子宝漢方相談
  • 漢方メール相談
  • 症状別/漢方だより
  •       
  • 泰山堂通信
  • 泰山堂ブログ
  • 漢方体験.com
  • アロマコーナー
  •       
  • ツイッター

アクセス

お店は川崎駅から歩いて1分

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区
駅前本町12-1
タワーリバークビル1F
TEL : 044-222-4484
FAX : 044-222-4486

     泰山堂通信Vol.62 (2017年6月)

★「だるい」の原因と中医学的対応★

疲れた女性
だれでも、疲労がたまると体がだるくなるものですが、ゆっくり休養をとればリセットできるのが健康な身体。日常生活に支障をきたすようなだるさがいつまでも続くときは、体が発している信号だと考えて、放置しないようにしましょう。

だるさの原因として、西洋医学的には、貧血、肝炎、甲状腺機能低下症、慢性疲労症候群、睡眠時無呼吸症候群などがあげられます。更年期障害やうつ病でも、だるさが症状として出ることもあります。まずはこういった疾患がないかを検査してもらってください。

これらの疾患がないことが確認できたら、体の全体的なバランスが乱れている可能性が高くなります。中医学的には、「気虚」「陽虚」「血虚」「陰虚」などがだるさの原因として考えられますが、一番多いのが「気虚」タイプ。元気、生気、活気などの言葉に使われている「気」が不足しているタイプ。循環器系の「気」が不足している「心気虚」、呼吸器系の「肺気虚」、消化器系が弱くなった「脾気虚」などがあります。

中でも「脾」は、「湿」に弱いため、梅雨の時期は消化器系のパワーが落ちる「脾気虚」が原因の重だるさが多くなります。 梅雨にだるくなる方、天候が悪いと体調を崩しやすい方は、消化の良い食事を心がけ、冷たい物や水分の摂りすぎに注意しましょう。漢方薬としては、「気」を補う補気剤(麦味参顆粒や補中益気湯など)や、消化器系を整える健胃顆粒、健脾散、晶三仙、勝湿顆粒などが候補になります。



★おうち薬膳【冬瓜】★

冬瓜スープ冬瓜は、薬膳的には「甘」「体を少し冷やす」という分類になります。解毒作用、解熱作用、利尿作用にすぐれているため、梅雨から夏の体温調整やむくみ予防、デトックス効果が期待できます。冬瓜と同様に、むくみ予防や解熱効果のある緑豆はるさめを使ったレシピをご紹介します。 

●冬瓜春雨スープ●

乾燥しがちな冬に体を潤しパワーを補い、風邪予防にもおすすめのレシピです。

【材料】

冬瓜1/2個、緑豆春雨50g、人参1/2本、鶏ささみ100g、長ネギ1/2本、 チキンストック2カップ、醤油 大さじ2、
塩 適量、オイスターソース 小さじ1


【作り方】

① 冬瓜は皮と種を除き、ひと口大に切り、鶏ささみは筋を取って3等分、人参、長ネギは細切りにしておく。

② 緑豆春雨は好みの長さに切って、硬めにゆでてざるに上げる

③ 鍋にチキンストックを入れ火にかけ煮立ってきたら、冬瓜、人参、鶏ささみを柔らくなるまで煮る

④ 春雨を加えて、さらに2~3分煮て、醤油、オイスターソースで味を調える

⑤ 最後にネギを散らしてできあがり











Copyright© 2014 TAIZANDO All Rights Reserved.