★薬食同源:五味、五性★

五味
漢方には「薬食同源」という言葉があります。これは、「良い食事こそ良い薬」という意味です。どんなに高価な薬を服用していても、食事がおろそかでは健康な毎日を過ごすことは難しいと言えるでしょう。

良い食事とは①食べ物の内容と②食事の仕方の両方から考える必要がありますが、今日は①食べ物の内容についてお話しましょう。

漢方には、食べ物について「五味」「五性」という考え方があり、この「五味」「五性」をバランスよく摂ることが健康的な食事の基本です。その上で、季節や体調に合った食材を選ぶことが健康につながります。

五味とは、「酸味(さんみ)」「苦味(くみ)」「甘味(かんみ)」「辛味(しんみ)」「鹹味(かんみ)」の5種類です。

「酸味」は五臓の中でも「肝」の働きを整え、汗や尿などの過剰な流出を抑えます。酢、レモン、梅干し、トマト肝に属します。
「苦味」は「心」の働きを整え、体内の余分な熱や不要な水分を取り除くのを助けます。銀杏、ごぼう、竹の子、緑茶、ニガウリなどが、苦味に属します。
「甘味」は「脾胃」の働を整え、栄養を補い、体を養う働きを担います。白米、肉類、かぼちゃ、人参、芋類などです。
「辛味」は「肺」の働を整え、血流を良くし、邪気を発散します。生姜、葱、唐辛子、シソ、大根などです。
「鹹味」は自然の塩辛さで、「腎」の働きを整え、硬い物を柔らかくする力があります。海藻類、クルミ、牡蠣、ゴマなどです。

1つの食品が複数の五味に属することもあります。詳しい説明は、当店にもパンフレット(「薬食同源・・・五味は五臓を養う」)がございますのでご参考になさってください。

「五性」は「寒性」「涼性」「温性」「熱性」「平性」の5つに分けられます。

「寒性」「涼性」は、体内の熱を冷ます食品で、「寒性」の方が、冷ます力がより強い食品になります。きゅうり、トマト、緑豆などで、熱中症が気になる時期には積極的に摂りたい食品です。

「温性」「熱性」は、体を温め気・血の巡りを良くする食品で、しょうが、ねぎ、にんにく、唐辛子など。冷え症の人は積極的に摂るようにしましょう。逆に、赤い湿疹などがでているときは摂り過ぎに気を付けましょう。

「平性」は冷やし過ぎず、温め過ぎない、常食に適した穏やかな食材です。米、ジャガイモ、大豆などがこれに属します。

私たちの身体を作っているのは食べ物以外の何物でもありません。今、あなたが食べている物が、あなたの筋肉や骨、血液、ホルモン、爪、髪の毛・・・すべてを作っているということを、いつも頭のどこかに置いておいてくださいね。